StreamWorksによるインサシンポジウム


 INSAM シンポジウム'96

INSAM(Institute for Numerical Simulations and Applied Mathematics)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
                      INSAMシンポジウム’96
                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          《非線形科学におけるハイパフォーマンスコンピューティング》
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 広島大学理学部大規模非線形数値実験室(Institute for Numerical Simulations
and Applied Mathematics:INSAM)では、標記シンポジウムを下記のように開催します。
このシンポジウムはハイパフォーマンスコンピューティングと新しい非線形科学研究の
将来像について議論することを目的として、1993年より毎年開かれている公開研究会
です。

 どなたでも自由に参加することができます。参加を希望される方は添付した参加申込
書を世話人までお送りください。

 研究会は招待講演とポスターセッションから構成されますが、ポスターセッションで
の発表を公募いたします。発表を希望される方は参加申込書と共に発表申込書もお送り
下さい。また、今年はピアノ3重奏曲演奏会も予定されています。多数のご参加をお待
ちしております。

				  記

■ 日時:	平成8年12月21日(土)13時より

■ 場所:	広島大学理学部E002(広島県東広島市鏡山1ー3ー1)

■ 日程:	13:00 - 13:05	あいさつ

		13:05 - 14:05	招待講演 
				『バクテリアコロニーパターンの多様性』
				ー数値シミュレーションの立場からー 
                               三村 昌泰 氏(東京大学大学院数理科学研究科)
                                
		14:05 - 15:05   招待講演 
                                『最適化とタンパク質の立体構造予測
				シミュレーション』
                                岡本 祐幸 氏(分子科学研究所)

                15:05 - 15:40   ポスターセッション発表論文の紹介
                                (1論文3分程度)

		15:40 - 17:00	ポスターセッション(理学部E210)

		17:00 - 18:00	

                                ピアノ三重奏曲  第7番 変ロ長調 作品97 
                                《大公》 (ベートーベン)

				 ピアノ   草間 眞知子(広島大学助教授)
				 バイオリン 本澤 和香 (広島大学)
				 チェロ   猪原 和子 (広島大学)

				(理学部大会議室)

		18:00 - 20:00	懇親会(理学部大会議室)

■ 参加申し込み:
		平成8年12月13日(金)までに参加申込書を電子メールで
			insam96-registration@sci.hiroshima-u.ac.jp
		までお送り下さい。電子メールが使えない方はFAXで広島大学理学部
		草野(0824-24-7395)までお送り下さい。参加費は無料です。

■ ポスターセッション発表申し込み:
		平成8年12月13日(金)までにポスターセッション発表申込
		書に必要事項を英文で記入の上、発表ごとに電子メールで
			insam96-poster@sci.hiroshima-u.ac.jp
		までお送り下さい。電子メール以外のお申し込みはご勘弁下さい。

		本シンポジウムではプロシーディングの発行を予定しています。ポス
		ター発表をされる方はプロシーディング記入要領に従った論文
		を、シンポジウム当日、受け付けにお渡し下さい。プロシーディング
		は後日、全参加者に配布されます。

■ その他:	ポスターセッションで発表される方には交通費を一部補助する
		ことができる場合があります。補助を希望される方はその旨参加申込
		書にご記入下さい。ただし、ご希望に添えない場合のあることを
		ご承知おき下さい。

■ 会場までの交通:
		◎山陽本線西条駅より広島大学行きバスに乗車、広大中央
		 にて下車、(バスはほぼ30分に1本、所要時間15分)
		◎山陽本線西条駅よりタクシー(10分)
		◎山陽新幹線東広島駅よりタクシー(15分)
		◎新広島空港よりタクシー(40分)

■ シンポジウム全体に関する問い合わせ先(世話人)

		広島大学理学部物理学科 草野完也
		〒739 広島県東広島市鏡山1ー3ー1
		電話 & FAX (0824)24-7395 
		電子メール kusano@sci.hiroshima-u.ac.jp

■ WWWホームページ(最新のアナウンスが入っています)

	        http://insam.sci.hiroshima-u.ac.jp/insam96/

■ 主催: 広島大学理学部大規模非線形数値実験室

■ 後援: 財団法人 中国電力技術研究財団

 -----------------------------------------------------------------------------
 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇INSAMシンポジウム’96 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 ------------------------------- 参加申込書 ---------------------------------
 
■ 以下の項目に記入の上、電子メールで
	insam96-registration@sci.hiroshima-u.ac.jp
までお送り下さい。

電子メールが使えない方はFAXで
	広島大学理学部 草野 宛(0824)24-7395
までお送り下さい。どなたでも自由に参加することができます。

■ 申し込み締め切りは12月13日です。
 
◎ 参加希望者氏名 連絡先

  氏名              :
  〒番号            :
  住所              :
  大学・会社・組織名:
  学部学科・部所名  :
  電話              :
  FAX番号           :
  電子メール address:

◎ 懇親会への出席:	希望する	希望しない

◎ ポスター論文の発表:	希望する	希望しない

 -----------------------------------------------------------------------------
 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇INSAMシンポジウム’95 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 ------------------------ ポスターセッション発表申込書 ----------------------

■ 発表論文ごと、以下の項目全てに英文で記入の上、
	insam96-poster@sci.hiroshima-u.ac.jp
まで電子メールでお送り下さい。

■ 記入はLaTeXフォーマットに従って下さい。

■ 申し込み締め切りは12月13日です。
% -----
\title{}	% 論文題目
%
\authors{}	% 発表者氏名(発表者が複数人いる場合は、全員の氏名(所属)を
		% 記入し、登壇者に\underline{}をつけて下さい。)
%
\abstract{}	% 論文概要(A4版1ページ以内)
%
\video{}	% ビデオ(VHS)使用の希望 [YES or NO]
% -----
□ ハイパフォーマンスコンピューティング、非線形科学、シミューレーションなどに
関係している限り論文の内容は問いません。特に、若手研究者、学生の応募を歓迎し
ます。

□ シンポジウムではポスター発表の内容に関する口頭説明時間を用意します。発表者
は発表内容をOHPシート1枚にとりまとめ、一発表3分程度で説明して下さい。

□ ポスターの大きさは縦90cmx横180cmです。ポスターを張るためのテープ、ピンなど
は会場に備え付けられています。

□ プロシーディング記入要領に従った論文をシンポジウム当日受け付けにお渡し下さ
い。

★ 送信前に全項目英文で記入されていることをご確認下さい。

 -----------------------------------------------------------------------------
 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇INSAMシンポジウム’96 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 -------------------------- プロシーディング記入要領 ------------------------

■ 以下のLaTeXスタイルに準拠し、A4紙6ページ以内に英文で記入して下さい。

\documentstyle[12pt,a4j]{article}
\setlength{\textheight}{23.9cm}
\setlength{\textwidth}{15.5cm}
\pagestyle{empty}
\begin{document}
\thispagestyle{empty}
\baselineskip=18pt
\begin{center}
{\bf	TITLE SHOULD BE TYPED IN CAPITAL LETTERS }
\end{center}

\begin{center}
\underline{The first author}, $^1$The second author \\
{\it Address, zip code Japan \\
$^1$Another address, zip code Japan}
\end{center}

\begin{quote}
{\small
Here is abstract. Please leave one line between address and 
abstract.
}
\end{quote}
%
\section{The first section}
Here is text.
\end{document}

■ 印刷された製版用原稿を、シンポジウム当日受け付けにお渡し下さい。