INSAM シンポジウム2008



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
                      INSAMシンポジウム 2008
                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    『多階層複合系の科学と学際研究』

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 広島大学数理シミュレーション科学研究センター(Institute for Simulation and 
Mathematical Sciences)では、第17回INSAMシンポジウム(INSAM2008)を下記のとおり
開催します.このシンポジウムは数理シミュレーション科学の将来像について議論す
ることを目指して、1993年より開かれている公開研究会です.(過去のシンポジウム)

 今回は、素粒子科学からプラズマ科学、生命科学まで、多岐にわたる分野における
“多階層複合系の科学”に焦点をあて、数理シミュレーション科学による学際研究の
新展開を探ります.

 一般講演では、学内のHPCサーバ/PCグリッドユーザをはじめ計算科学に携わる方の
発表を広く募集します.また、計算科学に限らず、多階層複合系の科学や学際研究に
携わる方の発表も歓迎します.発表希望の方は、講演申込書をお送りください.

 このシンポジウムにはどなたでも自由に参加することができます(無料).多くの
皆さまのご参加をお待ちしております.


*シンポジウムの最新情報は下記に掲載されます.
 http://insam.sci.hiroshima-u.ac.jp/insam2008/


                                  記

■ 日時: 2008年12月22日(月) 13時00分 〜

■ 場所: 広島大学理学部E棟104室

■ 日程: 13:00 - 13:10   開催の挨拶

             大川 正典 (数理シミュレーション科学プロジェクト研究センター長)

          13:10 - 14:00   招待講演

             岸本 泰明 (京都大学大学院エネルギー科学研究科 教授)

            『多階層・複合系としての
                プラズマダイナミックスと構造形成の起源を目指して』

          14:00 - 14:50   招待講演

             石川 健一 (広島大学大学院理学研究科 准教授)

            『クォークから、原子核、原子へ、
                QCDによる多階層複合系への挑戦』

          14:50 - 15:10   休憩

          15:10 - 16:00   招待講演

             柴田 達夫(広島大学大学院理学研究科 准教授)

            『分子スケールから細胞スケールまで、
                数理諸学と生物学の統合科学としての生命システム科学への挑戦』

          16:00 - 16:15

             有尾 一郎(工学研究科社会環境システム専攻)

            『層トラス構造のグローバル/局所化の多重分岐解析』

          16:15 - 16:30

             新井 洋(工学研究科社会環境システム専攻)

            『波状前縁周りにおけるLES解析』

          16:30 - 16:45

             藤井 雅史(理学研究科数理分子生命理学専攻)

            『走化性を考慮した複数車線交通流』

          16:45 - 17:00

             椿 直輝(理学研究科数理分子生命理学専攻)

            『粒子法を用いた細胞運動モデル』

          17:00 - 17:15

             安達 聡(理学研究科地球惑星システム学専攻)

            『強震動地震波形解析による横浜市三次元浅部構造モデルの検討』

          17:15 - 17:30

             中久喜 伴益(理学研究科地球惑星システム学専攻)

            『沈み込んだプレートの行方と地球の冷却』

■ 講演申し込み:

          講演申込書を2008年12月14日(日)までに、
            insam2008@sci.hiroshima-u.ac.jp
          までお送りください.参加費等は無料です.

          講演受付は終了しました!

■ 東広島キャンパスまでの交通:

          下記をご覧ください.
            http://www.hiroshima-u.ac.jp/category_view.php?folder_name=access&lang=ja

■ シンポジウム全体に関する問い合わせ先(世話人):

          広島大学大学院理学研究科 三好隆博
          〒739-8526 広島県東広島市鏡山1-3-1
          電子メール miyoshi_アット_sci.hiroshima-u.ac.jp 

■ INSAMシンポジウム2008ホームページ:

          最新情報が掲載されています.
            http://insam.sci.hiroshima-u.ac.jp/insam2008/

■ 主催: 広島大学数理シミュレーション科学研究センター

 ----------------------------------------------------------------------------
 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇INSAMシンポジウム2008 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 ------------------------------ 講演申込要領 --------------------------------

一般講演をご希望の方は、2008年12月14日(日)までに下記のINSAM2008講演申込書を

    insam2008@sci.hiroshima-u.ac.jp

までお送り下さい.講演は口頭発表で、プロジェクタを利用できます.


<< INSAM2008 講演申込書 >>

  講演題目       :
  著者名         :
  所属           :
  職名(学年)   :
  メールアドレス :