INSAM シンポジウム2003

INSAM (Institute for Simulations and Mathematical Sciences)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
                      INSAMシンポジウム 2003
                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               《ナノシミュレーション:物質設計を目指して》

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 広島大学数理シミュレーション科学研究センター(Institute for Simulation
and Mathematical Sciences)では、第12回INSAMシンポジウム(INSAM2003)を下記のよ
うに開催します.このシンポジウムは数理シミュレーション科学とハイパフォーマン
スコンピューティングの将来像について議論することを目指して、1993年より開かれ
ている公開研究会です.今回は,「ナノシミュレーション」と「物質設計」に焦点を
あて,計算科学研究の行方を展望します.
 このシンポジウムにはどなたでも自由に参加することができます.参加を希望され
る方は参加申込書をお送りください。シンポジウムの詳しい内容は

       http://insam.sci.hiroshima-u.ac.jp/insam2003/

に掲載されます。多くのみなさんのご参加をお待ちしております.

 シンポジウムは招待講演とポスターセッションから構成されます.ポスターセッショ
ンでの発表を希望される方は「参加申込書」と共に「発表申込書」もお送り下さい.

                                  記

■ 日時:       2004年 1月 10日(土)13時00分 より

■ 場所:       広島大学理学部E002(広島県東広島市鏡山1ー3ー1)

■ 日程:       13:00 - 13:05   あいさつ

                13:05 - 13:30   イントロダクトリー・トーク

                        『物質設計を目指して!』
                        小口 多美夫(広島大学大学院先端物質科学研究科)

                13:30 - 14:30   招待講演 

                        『第一原理計算の進展とナノテクノロジー用新物質設計』
                         川添 良幸(東北大学金属材料研究所)
                                
                14:30 - 14:50   休憩

                14:50 - 15:50   招待講演 

                        『第一原理計算によるマテリアルデザイン:予言と実証』
                         吉田 博(大阪大学産業科学研究所)

                16:00 - 16:30   ポスターセッション 1分講演

                16:30 - 18:00   ポスターセッション

                18:00 - 20:00   懇親会 (理学部大会議室)

■ 参加申し込み:
        2004年1月5日(月)までに下の参加申込書を電子メールで
                   insam2003@sci.hiroshima-u.ac.jp
                までお送り下さい。懇親会を除き,参加費は無料です。

■ ポスター発表申し込み:
        2004年1月5日(月)までに下のポスター発表申し込み書を電子メールで
                   insam2003_poster@sci.hiroshima-u.ac.jp
                までお送り下さい。

■ 東広島キャンパスまでの交通:
                http://www.bur.hiroshima-u.ac.jp/~koho/koutsuu/koutsuu-annai.html
                をご覧下さい.

■ シンポジウム全体に関する問い合わせ先(世話人)

                広島大学大学院先端物質科学研究科 草野完也
                〒739-8530 広島県東広島市鏡山1-3-1
                電話 (0824)24-7016
                電子メール kusano@hiroshima-u.ac.jp

■ WWWホームページ(最新の情報が載っています.)

                http://insam.sci.hiroshima-u.ac.jp/insam2003/

■ 主催: 広島大学数理シミュレーション科学研究センター

 ----------------------------------------------------------------------------
 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇INSAMシンポジウム 2003 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 ------------------------------- 参加申込書 --------------------------------
 
■ 以下の項目にご記入の上、2004年 1月5日(月)までに,
                Subject: INSAM2003 参加申し込み
と書いた電子メールを
                insam2003@sci.hiroshima-u.ac.jp
までお送り下さい。どなたでも自由に参加することができます。

◎ 参加希望者氏名 連絡先

  氏名              :
  〒番号            :
  住所              :
  大学・会社・組織名:
  学部学科・部所名  :
  身分              :
  電話              :
  FAX番号           :
  電子メール        :

◎ 懇親会への出席:     希望する        希望しない

 ----------------------------------------------------------------------------
 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇INSAMシンポジウム 2003 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 ------------------------- ポスター発表申込要領 ----------------------------

■ 2004年 1月5日(月)までに,
                Subject: INSAM2003 ポスター申し込み
と書いた電子メールで「ポスターセッション発表申込書」と「アブストラクト」
の添付ファイルを
                insam2003_poster@sci.hiroshima-u.ac.jp
までお送り下さい.なお,複数のポスターを発表される場合,必ず一題目ごとに
1通の電子メールをお送り下さい。

■ ポスターセッション発表申込書

  タイトル         :
  著者名(所属)     :
  代表著者の連絡先 :
        所属住所   :
        身分       :
        電話番号   :
        FAX番号    :
        電子メール :

■ アブストラクトは以下の要領で作成して下さい.
        用紙: A4用紙1枚以内
        フォーマット: pdf (ps, text, または, WORDファイルも受け付けます)
        添付ファイルのファイル名: 著者名_番号.pdf (例:kusano_01.pdf)
        記入すべき内容: タイトル,著者名,所属と住所,代表著者の電子メール
        言語: 日本語または英語

■ シンポジウム当日にポスターセッション1分講演を行います.各発表者はポスター
内容の概要をOHPを利用して1分以内に説明する準備を行ってください.

■ ポスター発表者はプロシーディング記入要領(下記参照)に従った論文を執筆し,
シンポジウム当日受け付けに御提出ください.

□ 非線形科学、応用数学、ハイパフォーマンスコンピューティング、シミューレー
ションなどに関係している限り論文の内容は問いません。特に、若手研究者、学生の
応募を歓迎します。

□ ポスターボードの大きさは最大180cmx180cmです.ポスターを張るためのテープ、
ピンなどは会場に備え付けられています。

 ----------------------------------------------------------------------------
 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇INSAMシンポジウム 2003 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 ------------------------ プロシーディング記入要領 -------------------------

■ 以下のLaTeXスタイルに準拠し、A4紙6ページ以内に日本語または英語で記入し
て下さい。
\documentclass[12pt]{jarticle}
\setlength{\topmargin}{-0.5cm}
\setlength{\textheight}{23cm}
\setlength{\textwidth}{16cm}
\setlength{\oddsidemargin}{0pt}
\setlength{\evensidemargin}{0pt}
\pagestyle{empty}
\begin{document}
\thispagestyle{empty}
\baselineskip=18pt
\begin{center}
{\Large\bf    TITLE SHOULD BE TYPED IN CAPITAL LETTERS }
\end{center}

\begin{center}
\underline{The first author}, $^1$The second author \\
{\it Address, zip-code  Japan (e-mail) \\
$^1$Another address, zip-code Japan (e-mail)}
\end{center}

\begin{quote}
{\small
Here is abstract. Please leave one line between address and abstract.
}
\end{quote}
%
\section{The first section}
Here is your main text. \\

\end{document}

■ 印刷された製版用原稿を、シンポジウム当日受け付けにお渡し下さい。