HSP システムの概要


HSP システム


HSPシステム利用上の注意

  1. hsp はベクトル型高速計算機です。 約97%以上ベクトル化されていないコードの実行効率は極端に悪くなります。 ベクトル化率が低いコードの利用は自粛して頂く場合があります。
  2. hsp で実行されるプロセスのcpu時間、ベクトル化率などは常時専用データベー スに記録されます。
  3. hsp はdaisen からnqs を利用して使います。 直接loginすることは原則としてできません。
  4. hsp は課金管理されます。
  5. hsp は2CPUの共有メモリシステムであり、CPU時間はそれぞれのCPUの使用時間 の合計です。 並列最適化されていないコードは複数のCPUを使用すると効率が悪くなる場合 があります。
  6. ホームディレクトリ /home/users はdaisenとhspで共有されます。
  7. hspの恒久データ用ファイルシステム /hpsの利用可能容量は最大5GB/課題です。
  8. hspの一時データ用ファイルシステム /hpsworkに記録されているファイルは 2週間毎に消去されます。

初心者のためのHSPシステムの使い方

f90ベクトル化講習会資料