FAQ

FAQとはFrequently Asked Questionsの略で「良くある質問」といった意味です。 ここではINSAMに関するFAQをまとめてみました。 (last update 1999.05.18)

INSAMについて

Q1. INSAMとは何の略ですか?
Institute for Nonlinear Sciences and Applied Mathematicsの略です。
Q2. 日本語名称(大規模非線形数値実験室)と英語名称(Institute for Nonlinear Sciences and Applied Mathematics)が一致していませんが?
痛いところを突いてきますね。 気にしないで下さい。 (英語名称を日本語に訳すと「非線形科学・応用数学研究所」となります)
Q3. INSAMに参加するとどんなメリットがありますか?
INSAMは「非線形科学」あるいは「数値シミュレーション」を行っている 研究者・学生が学科・研究科の枠に捕らわれずに研究・議論できる場です。 自分の視野を広げ、新しい研究のヒントを掴むことができると思います。 また、INSAMは独自に高性能な計算機を多数所有していて、メンバーは(他の計 算機センターなどに比べると)自由に使うことができます。
Q4. INSAMには参加するは?
INSAM計算機システムを利用するためには「研究グループ」を作り、登録 しなければなりません。 INSAM運営委員会で認められればINSAMグループに参加できます。 なお、研究グループのリーダは広島大学大学院理学研究科教官または理学部担当教官でな ければなりません。
INSAMセミナー、INSAMシンポジウムへの参加は特に制限はありません。
Q5. INSAM参加登録はいつ行っていますか?
常時行っています。
Q6. INSAMに参加する費用はいくらですか?
今のところ参加費は必要ありません。 計算機システムの使用料もとりません。 その代わり、メンバーはINSAM運営・管理に対して参加協力する義務がありま す。
Q7. INSAMに対する要望は誰に言ったら良いのでしょうか?
INSAM運営委員会 (insam-admin@sci.hiroshima-u.ac.jp)にお願いします。 INSAMは参加者全員が運営に参加する権利と義務があります。 気が付いたことは遠慮無くご指摘下さい。
Q8. INSAMのセミナー室を使っても良いですか?
空いている時間帯ならばお使い下さい。 鍵はD302に保管しています。
Q9. INSAMホームページをリンクするのに許可は必要ですか?
INSAM関係の研究室やINSAMメンバーのページからならご自由にリンクして 下さい。 それ以外の方はINSAM運営委員会(insam-admin@sci.hiroshima-u.ac.jp)にご相 談下さい。
Q10. INSAMホームページに自分の研究室のホームページのリンクをして下 さい。
INSAM運営委員会(insam-admin@sci.hiroshima-u.ac.jp)またはINSAM管理 協力者(insam-oprt@sci.hiroshima-u.ac.jp)にご相談下さい。 INSAMに関連があればリンクします。

INSAM計算機システムについて

Q1. INSAMの計算機を使いたいです。
まず、INSAMメンバー登録をする必要があります。 詳しくはここを御覧下さい。
Q2. INSAMで利用できる計算機を教えて下さい。
ここを御覧下さい。
Q3. 計算機の使い方が分かりません。
INSAMはボランティア組織であって計算機の専門家がいる訳ではありませ ん。 一般的な計算機の使い方は独習するかまわりの人に聞いて下さい。 INSAM計算機システム独自の使い方に関してはこのウェブページでお知らせし ます。 それでも分からない場合はINSAM管理協力者 (insam-oprt@sci.hiroshima-u.ac.jp)にお尋ね下さい。
Q4. INSAM計算機で電子メールが使えません。
原則として、INSAM計算機では電子メールサービスを行いません。 INSAM計算機は高速・大規模計算が目的で導入されたものです。 また、ボランティアベースで管理を行っているためにセキュリティーチェック などが十分に行えないので電子メール等のサービスを当面は行いません。

HSPシステム

Q1. 自分が今までどれくらいの時間計算をしたか知りたいです。
rchk -a
というコマンドで知ることができます。
Q2. rchkコマンドで表示されるベクトル化率が低いのですが。
rchkで表示されるベクトル化率はhspに投入されたジョブのベクトル化率 の回数平均です。 従って、ベクトル化率の低い命令を多数発行すると見掛け上のベクトル化率は 下がってしまいます。
Q3. 夜間にeクラスのジョブを投入したのですが、キューに入ったままで 実行されませんでした。
夜間モードに入った後に、eクラスのジョブがなくなると自動的に中間モー ドに戻ってしまい、その夜はもう夜間モードにはなりません。 おそらく、あなたがジョブを投入した時にはすでに中間モードになってしまっ ていたのでしょう。
Q4. 21時過ぎているのに、21時前にキューに入れたeクラスのジョブが実 行されません。
夜間モードへは21時の時点で走っていた中間モードのジョブが全て終了し てから移行します。 ご了承下さい。
Q5. hspのマニュアルはありますか?
あります。 D301に見にきて下さい。 今、正式な貸し出し方法を検討中ですが、短期の貸し出しなら行います。
Q6. データをテープドライブに落したいです。
テープドライブはD305にあります。 D305で作業をして下さい。 鍵はD302にあります。 使用方法が分からない場合はINSAM管理協力者にお尋ね下さい。
Q7. hspでディスクアクセスが異様に遅いです。
今、メーカと調査中です。
Q8. hspシステムでOpenGLは使えますか?
使えます。 詳しくはマニュアルをご覧下さい。
Q9. daisenでhsp用のコンパイラを起動するにはどうするのですか?
/SX/usr/bin/にsxf90 (FORTRAN)、sxcc (C)があります。 これらを使ってコンパイルして下さい。
Q10. プログラムの実行速度を知りたいです。
F_PROGINF という環境変数をdetailにセットして下さい。 標準エラー出力に速度を含めプログラムの詳しい情報が出力されます。
Q11. hspにアプリケーションソフトはインストールされていますか?
残念ながら、hspには汎用のアプリケーションソフトはインストール されていません。 ユーザが自分でソースコードを持ってきてコンパイルし、走らせて下さい。
Q12. hspの連続で使用できる時間が短すぎます。
hspはCPU数が2つしかないので、一つ一つのジョブの時間は短く区切り、 なるべく多くの人が使えるようにしてありますのでご理解下さい。。 HSPシステムの運用に関してはINSAM運営委員会 (insam-admin@sci.hiroshima-u.ac.jp)にご相談下さい。 より良い運用方法に関して提案がありましたら、遠慮無くメールを下さい。 委員会で検討をしてご提案が適切であると判断したら、変更・導入します。

WSシステム

Q1. pd0? で計算するとdragon0?やpw0?より遅いです。
pd0[1-8]のOSはLinuxで、dragon01、dragon02、pw0[1-3]はDigital UNIX です。 残念ながら、Linuxのコンパイラ(gcc、g77)が吐き出すコードはDECのコンパイ ラの物に比べると遅いです。 しかし、それを回避する方法があります。 DECのコンパイラでコンパイルしたコードはLinux上で動かすことができます。 dragon01、pw01でコンパイルするときに
-non_stared
というオプションを付けて下さい。 それだけでpd0?で、dragon、pw以上の速度でプログラムは動きます。
Q2. パスワードの変更はどうやるのですか?
WSシステムはNISでユーザ管理をしています(tsurugiを除く)。
yppasswd
でパスワードの変更をして下さい。
Q3. 自分の良く使うソフトウェアをインストールして下さい。
公共性のあるソフトウェアであり、他の人も使う可能性があるのでしたら 検討します。 まずはINSAM管理協力者(insam-oprt@sci.hiroshima-u.ac.jp)にご相談下さい。
Q4. 何台もの計算機で長時間ジョブを流し続けている人がいます。
INSAM管理協力者(insam-oprt@sci.hiroshima-u.ac.jp)にお知らせ下さい。 管理協力者から注意をします。 注意をしても聞かないような場合にはユーザアカウントを停止したり剥奪する こともあります。
Q5. ディスクの利用方法について教えて下さい。
WSシステムでは/home/usersというホームディレクトリと、/work1〜 /work4、kurobe_work1〜2、img、img1〜3という作業用ディスクがありどのマ シンでも共通に利用できます。 作業用ディスクを利用する場合にはユーザが各自で自分のユーザアカウントと 同じ名前のディレクトリを作成してそのディレクトリ内にファイルを置くよう にして下さい(これに当てはまらないファイル、ディレクトリは見付け次第消 去します)。 この他に各マシン毎に/work0というディレクトリがあります。 このディレクトリに置かれたファイルは2週間を経過しますと自動的に消去さ れます。 こちらも同様に自分のアカウント名と同じディレクトリを作ってご利用下さい。